平成30年度 第3回きらめき人権講座「多文化共生の地域づくり」講演会を開催しました!

きらめき人権講座2018

9月25日(月)に米原市人権総合センターにて、米原市人権教育推進協議会との共催で、平成30年度 第3回きらめき人権講座「多文化共生の地域づくり」講演会を開催しました。

昨年に引き続き講師に、静岡文化芸術大学副学長の池上重弘先生をお招きし、「多文化共生の地域づくり」について講演していただきました。

 

きらめき人権講座

きらめき人権講座

講演では、国籍別の在留外国人数の推移や学校で日本語の指導が必要な児童・生徒の人数などをパワーポイントを使用して、分かりやすく教えていただきました。

米原市内にも500人以上の外国籍市民が居住しています。また池上先生の資料にもある様に米原市内でもベトナム国籍の外国人居住者が増加傾向で、当協会の日本語教室にも参加してくれています。

生まれ育った環境や文化、習慣の違いから驚くこともありますが、お互いに歩み寄って共生していける社会を目指していきたいですね。今回の講演をきっかけに1人でも多くの方が、「多文化共生」に関心を持って職場や学校、地域での外国籍市民との共生を考えていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください